先行者利益ってご存知ですか?

PGA情報

ビットコインの誕生は、2008年10月31日と言われています。
ナカモト・サトシなる匿名の人物が、インターネット上で発表した論文をもとに、有志となるエンジニアが集まり開発が開始しました。

初めてのビットコイン取引

ビットコインの公式フォーラムにおいて、1万BTCで2枚のピザを購入したいという呼びかけが行われました。この時のピザの価格は合計で約25ドル(約2,740円)だったとされています。単純計算で、1BTC=約3.64円となります。この取引がビットコインを使った初めての取引といえるでしょう。

本当にビットコインが、話題になったのは?

2011年、米大手メディアの紹介で大幅な値動き

2011年4月に米大手メディアに記事が掲載されたことで、6月に一時31ドル(約3,378円)を超えました。ただし6月19日には、マウントゴックス社においてハッキング被害が発生し、徐々に10ドル(約1,089円)前後まで下落してしまいました。

また、2012年11月28日に初の半減期を迎えました。当初はマイニング(採掘)報酬が50BTCでしたが、この半減期によって25BTCとなっています。

半減期は、マイニングに成功したマイナー(採掘者)に支払われる報酬(マイニング報酬)が半分になる時期のことで、一定数のブロックがマイニングされるたびに実行されます。

半減期を迎えると、新規に発行されるビットコインの数が減少するため、将来的にビットコインの新規発行はなくなる予定です(ビットコインの発行上限数量は2,100万BTC)。

半減期の前後では、ビットコインの希少性が高まることによる価格の上昇が起こっています。

その後紆余曲折があり、

2017年1月にビットコイン取引の最高値更新

日本でもビットコイン取引が盛り上がり、最高値(一時1BTC=15万円超)を更新しました。

このような過熱ぶりをみた、中国人民銀行がビットコイン取引加熱に対する警告を発表しました。また、日本でも2017年4月、ビットコインはじめ暗号資産(仮想通貨)を日本で初めて法律で規定した改正資金決済法などが施行されました。

この辺からビットコインでお「億り人】増産など大きな話題が巻き起こりました。
もしあなたが、2011年にビットコインを知り10ドル(約1,089円)を30ビットコイン(3万2670円)で購入していたなら3,000万円になります。

ここで言いたいのは、いつもチャンスは後から気がつく!ということです。

つまり、一般の人がわからない。
信憑性がない。

他人は、自分に理解できないことは受けれ難い!
ですよね。

つまり、常識で判断できないことは、反対する。拒否反応が起こるのです。
しかし、お金儲けが上手な人は、それを感じ取る力を持っています。

だから、それについていくしか凡人には方法がないのです。
それもできなければ、お金持ちなる方法はないと言えるでしょう。

私的には、ビットコインの2011以後のような状況だと考えています。
今奥を稼ぐ人が量産されています。

この時期を逃してはダメです。
この波に乗れるかどうかでが、あなたを大きく変えるチャンス!

と、思えるかどうかです。

コロナ過のなか、プランスゴールドを知って救われている人がたくさんいます。

あなたも一歩踏み出しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました