カテゴリー別アーカイブ: その他記事

Yシャツ洗濯、たたみ方

洗濯してアイロンがけ!
一番時間がかかるのがワイシャツのアイロンだと思います。

 

クリーニング店ではどうしてる・・・?

まず、優良店ではYシャツのポケットを裏返して中のゴミを取り除きます。

そして、ボタンが取れていないか緩んでいるのがないかを確認し、親切なクリーニング店はボタンつけが緩んでいれば補正しボタンがなければ同じようなボタンを選んで付けてくれます。

 

次に色分け、Yシャツといえば白が多いのですが、色物も混ざっています。
これを分けます。色物に漂白剤を使うと色あせやものによっては色落ち、更に色移りなどがあるのでクリーニング店では、完全に分けます。

 

そして洗い場に持っていきます。
洗い場にはワッシャーというビヤ樽が横になった大きな洗濯槽に入れ、まず回転させ水が馴染んだところで洗剤を入れます。

 

更にスチームで30度くらいにまで温めたところで漂白剤を投入し洗い続け一度水を捨てて脱水し洗剤液を絞りだし、再びすすぎ!

すすぎは水を流しっぱなしで洗剤を残らないようにすすぎ脱水します。

 

それからノリを水に溶きやはりスチームで少し温めワッシャーで絞ります。
このときに脱水機から出た水は、硬い糊付けは嫌いという人のワイシャツに使用したりします。

ノリが効きすぎると、首筋が痛くなったり袖口が擦れて痛くなるなんて事になったりします。

 

ワイシャツのクリーニングを見ればそのクリーニングの技術力が分かる、というくらいワイシャツのクリーニングは、入り口です。

 

ワイシャツのアイロンは一部機械後を手作業を取り入れているクリーニング店が殆どだと思います。

ワイシャツのクリーニングポイントは大きく分けて3つ+1と思います。

 

  • 1.襟
  • 2.袖口
  • 3.胸元
  • +プリーツ

1・2・3は、機械で仕上げます。

しかし、袖口のプリーツと背中のプリーツは機械では無理なのです。

着用したとき目につくところ、襟がピシッと袖がキレイに腕に回っているか、そして胸元!
スーツから除く三角地帯です。
プリーツは、スーツを脱いだ時にキレイに整っていてこそおしゃれなのです。

 

おしゃれとは、見えないところの気遣いと私は思っています。
最近のクリーニング店でワイシャツをだすと袖が2つに折れて帰ってくることがあります。

これは、最低・・・?
と思ってしまいます。

 

家庭でワイシャツをかける手順

まずワイシャツの各部分の名前

洗濯槽でノリを水で割って全体にノリをなじませる。
または、スプレーノリを使うのもありです。

 

そして、一番良いのは完全に乾燥させずに生乾きの状態でアイロン掛けを始めたほうがきれいに仕上がります。

襟をカフスは裏からアイロンをかける。

プロだからこの手際、この時間をのんびりした時間にする。

それがコチラ
手抜きではなく、、手間抜きです

 

 

ゆとりらい~ふ

SDGsで始まるエネルギー革新

世界が始めるSDGSとは?

 

 

SDGSとは?

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。

 

日本政府だけでなく、世界中でヒアリングを行い、オンライン調査で1,000万人以上が参加したものも含め、世界が合意した目標です。

キーワードは「Leave No One Behind(誰一人取り残さない)」。
2030年までを期限とする世界共通の17の目標により、貧困や飢餓や暴力を撲滅し、地球環境を壊さずに経済を持続可能な形で発展させ、人権が守られている世界を実現することを目指しているのです。

 

今、私たちが直面している人道危機における様々な課題を解決するためには、政府、企業、NGO、そして、地域や個人がともに力を合わせることが必要です。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、多様なアクターの対等なパートナーシップによって、SDGsの達成を目指していきます。

 

SDGsの環境について

 

 

日本においても岸田政権は2030年までに炭素排出量を現在比から46%削減し2050年にはカーボンニュートラルを提言しました。

 

しかし、ここでの問題は二酸化炭素を排出しないエネルギーです。
日本は、2019年度のエネルギー供給は化石燃料による発電が75.7%を占めています。
内訳は石油が6.8%、石炭が31.8%、LNGが37.1%です。

 

再生可能エネルギーは、わずか5%にも達していません。

図1. 日本全体の電源構成(2017年)| 出所:電力調査統計などよりISEP作成

現在車のEV化が進んでいますが、日本の電力は大丈夫なのでしょうか?

 

現在日本市場にある車の3分の1がEV担ったと仮定したらおそらく原電気力では間に合わなくなるでしょうし、その数の電気を満たすための充電スタンドを整備するのも大変なことです。

 

今後の岸田首相による政権の舵取りを注視しましょう。